言語を選択してください

耐候性製品向けアクセサリ

シーリングの重要性

コムスコープのダクトシーリングシステムは、ケーブルダクト内の電気通信ケーブルを永久に密封します。さらに、コムスコープはケーブル交換とメンテナンスのコストを削減するさまざまなダクトプラグおよびシールを提供しています。さまざまなコンジットのタイプに合わせたカプラーが、強度の高い機械的結合を提供します。

コムスコープは、コネクターをシーリングし、過酷な温度、湿気や振動から保護するための、トップクラスの耐候性オプションを取り揃えています。当社最新の再利用可能な HELIAX® SureGuard 成型ブーツから、3M™ Cold Shrink™ チューブ、ブチルゴムおよびビニールテープまで、当社の耐候性コンポーネントは、狭い場所でも簡単に設置できる、高品質の長期的保護を提供します。

  • 施工時間を短縮します
  • 特別なツールは必要ありません
  • すべてのケーブルサイズで利用可能

パンフレット:HELIAX SureFlex プレミアムケーブルアセンブリ

HELIAX SureFlex™ プレミアム・ケーブルアセンブリは、HELIAX SureGuard 耐候性技術を採用。低 PIM、VSWR、DTF を保証されており、お客様のネットワーク投資を守ります。
発行日: 2016年12月7日
地域:グローバル

2016年8月11日

コンパクトなフットプリント、大きな利点:4.3-10 コネクタ

モバイル業界は、既存のコネクタの種類に取って代わるものとして、4.3-10 として一般に知られる新しい RF コネクタを標準化しました。4.3-10 コネクタは、パフォーマンスの問題を防ぎ、フィーダー、アンテナ、フィルター、塔頂アンプの設置の複雑さを取り除くために開発されています。本日のブログ記事では、Pedro Torres がこれらのコネクタについて詳しく説明し、新しいホワイトペーパーをご紹介します。
2016年7月13日

きれいにすべきか否か

ファイバーコネクタをきれいにしておくことは、ワイヤレスネットワークのパフォーマンス向上に欠かせません。埃だらけの状態でコネクタのインターフェースをきれいな状態にしておくのは至難の技です。ファイバーの芯の周辺に小さな埃があるだけでも大きな問題となり得ます。今日更新されたブログで、コムスコープが勧めるHELIAX FiberFeed の清掃手続きについてMarcus Ash が解説しています。コネクタをきれいな状態にするためのリソースのリンクも公開しています。
2015年12月14日

規格外のネットワーク製品を利用する価値はありますか?

低品質なケーブルアクセサリや構成要素は、ワイヤレスネットワークのパフォーマンスや信頼性を損ねる恐れがあります。より安価かもしれませんが、長期的に見れば信頼性も低いものです。規格外製品は結局のところ、現場でのパフォーマンス性が低く、最初には予想しなかったようなネットワークパフォーマンスの問題を引き起こす可能性があります。Jeff Epstein が本日のブログ記事で、例を交えて詳しく説明します。
2015年7月13日

LTE セル・サイトの敷設

パッシブ・インターモジュレーション (PIM) と呼ばれるパフォーマンスを損なうインターフェースの原因となるのが不適切な設置です。それは、コムスコープのサイトソリューション・サービスチームが何年も既存の LTE 施設のサイトオーディットを行って発見したことです。設置の不備は PIM を引き起こす要因となる不適当な接続に関連していることが多いです。詳細は、Mike Fabbri の今日のブログと LTE ベストプラクティス電子ブックのリンクで閲覧してください。