言語を選択してください

RF コンディショニング機器

パフォーマンスを損なうことなく、
新技術の展開を容易に

コムスコープは、事業者が自社ネットワークの拡張や新技術の展開を容易に実行できるようにするためのフィルター・共用器・塔頂アンプ類を提供しています。コムスコープの多岐にわたる製品を配備することで、オペレータはデータスループットを向上させ、カバレッジを拡大、シグナルノイズを減少することができます。

コムスコープはマルチバンドおよび同一周波数帯結合器、塔頂アンプ(TMA)、干渉軽減フィルターを設計、製造しているとともに、強力な統合機能を搭載した TMA など、カスタマイズソリューションも提供しています。

  • タワーのスペースと負荷を削減
  • 規制当局によるサイト承認をより容易に取得
  • より優れた外装ソリューションにより、迅速な実装

パンフレット:干渉がネットワークへの投資に与える影響

干渉は、パフォーマンスや投資収益率を低下させ、ネットワークをリスクにさらす危険性があります。詳しくは、『干渉がネットワークへの投資に与える影響』をお読みください。
発行日:2017年1月15日
地域:グローバル

パンフレット:マルチバンド統合ソリューション

コムスコープのマルチバンド統合ソリューションにより、導入の効率とパフォーマンスを確実に高めることができます。
発行日::2017年8月11日
地域:グローバル

パンフレット:6セクターターンキーソリューション

6 セクターターンキーソリューションは、展開費用を最小限に抑えながら容量を増強し新サービスの展開を効率化することでネットワークを最適化します。今日のモバイル契約者のデータへの欲求は限りがありません。スマートフォンの溢れるワイヤレス市場では、より早いデータスループットへの要求が急上昇しています。その結果、
発行日: 2013年2月5日
地域:グローバル

パンフレット:ウルトラワイドバンドソリューション

先を見越して将来の対応に備えたソリューションが御社のネットワークを最新化し投資効果を最大化します。
発行日: 2016年12月15日
地域:グローバル

図で見る原因と結果:干渉がネットワークに与える影響

この概要的な図表では、干渉がネットワークにどのように影響しているかをご覧いただけます。
発行日:2014年10月15日
地域:グローバル

電子ブック:RF パスを理解する

無線周波数通信とセルサイト設計の大まかな概要と、能動電子部品、無線伝送、信頼性理論に関するエンジニアリングレベルでの議論。  
発行日: 2012年11月26日
地域:グローバル

2016年10月3日

セルサイトの話:850 MHz のセルラーネットワークで iDEN 干渉を検出・緩和するには

干渉はワイヤレスネットワークの品質に著しい障害を引き起こす可能性があります。コムスコープでは、最近 850 MHz の帯域でのアップリンク干渉に悩まされていたネットワーク事業者と協力する機会がありました。そこでコムスコープは、事業者が抱える問題を解決するためにカスタマイズされた干渉緩和フィルター(IMF)の開発の計画を提案したのです。Cesar Calderon による本日のブログ記事では、この IMF がネットワークパフォーマンスにどのような影響を与えたかをご紹介しています。
2016年3月9日

フィルター・共用器・塔頂アンプ類が復活

コムスコープの新しいホワイトペーパー「きれいに密度を高める:フィルター・共用器・塔頂アンプ類が復活」では、RF 調整コンポーネントの現在およびこれからのアプリケーション、設計者が直面する新しい課題、そしてこれらの課題を克服する最新のソリューションについて検証しています。本日のブログ記事では、Erik Lilieholm がその概要をお伝えします。
2015年12月22日

Ooredoo Tunisia、結合器でサイト共有をより簡単に 

RF パスへのパッシブユニットの導入は、通常、カバレッジとキャパシティに利用できる電力を減少させる挿入損失につながります。この電力喪失を最小限に抑えるため、コムスコープが開発したのがインバンド・コンバイナです。コムスコープの低損失結合器は、その柔軟性により、アンテナ、ジャンパー、フィーダーケーブルが共有されるサイト共有アプリケーションでの使用に非常に適しています。本日のブログ記事では、コムスコープの低損失結合器がどのように Ooredoo Tunisia の事業を支援しているかをご紹介します。
2015年12月15日

Etisalat UAE がコムスコープの低損失コンバイナを利用

Etisalat UAE は、より高いデータスループットによって増大する容量に対応するため、既存サイトに新たなアンテナを追加することを余儀なくされました。コムスコープのカスタマイズ可能な低損失コンバイナは、大規模な CapEx 投資を要さず既存サイトのネットワーク拡張を可能にします。コムスコープは、挿入損失をわずか 0.5 dB に抑える新型の帯域内コンバイナを開発しました。詳細は、Paolo Di Carne による本日のブログ記事をご覧ください。