言語を選択してください

電源供給型ファイバーケーブルシステム

電源供給型ファイバーケーブル・システムは、従来の CAT ケーブルシステムの 30 倍の距離で、スピードを高め、ネットワーク機器の設置、給電、通信を簡素化します。

HD カメラ、Wi-Fi アクセスポイント、光ネットワーク端末、スモールセル、その他のネットワークアクセス機器の配備は難しい場合があり、屋外環境ではなおさらです。これらの機器の多くは、PoE 入力による電力および通信に対応していますが、距離的な制限、電力の可用性、機器の配置がネットワーク計画の進行を妨害することがあります。

こういった場合には、設置の前に、電源設備を希望の場所まで敷設する必要がありますが、この電力は一体誰が支払い、監視はどのように行うのでしょうか。この答えを得るには、電力会社やビルの所有者と何度もやりとりを繰り返さなければならず、プロセスにかかる時間や手間、コストを増やす頭の痛い問題となります。ネットワーク機器への給電と通信を行う全面的なソリューションであるコムスコープの電力供給型ファイバーケーブル・システムを使用することで、この問題を解決することができます。

電源供給型ファイバーケーブル・システム:

  • 大家や電力会社との交渉の必要を削減
  • 局部電源を排除
  • さまざまな距離の電圧/電力降下を求める DC 電気計算を排除することで、計画を大幅にスピードアップ
  • 1 つの電源で同時に最大 64 個の機器を処理
  • キャリアグレードの電気保護
  • NEC クラス II および SELV 準拠
  • カバレッジを最大化するために必要な場所に機器を設置可能


電源供給型ファイバーケーブル・システムは、ケーブル/ファイバー管理、送電管理、安全および過負荷保護、ユニバーサル電源 (PSU) に加え、ハイブリッドケーブルと PoE エクステンダーを特徴とした 2 つの主要コンポーネントで構成されています。


電力供給型光ファイバーケーブル - シンプルなケーブルフィールド アクセスを実現する単一ハイブリッド銅線/ファイバーケーブル設計

  • 従来のハイブリッドケーブルに比べ、アクセスが簡単な「イージーピール」式の設計
  • 特別なツールは必要なし - 通常のワイヤーストリッパーで光ファイバーと導体要素の両方にアクセス可能
  • 世界中どこにでもある、実績があり安価な FTTH 式のフラットケーブル・ハードウェアを使用

PoE エクステンダー - 3 段階の電気保護で給電と通信の課題を解決
  • ハイブリッドケーブル入力の終端処理
  • 耐環境密閉クロージャー - IP67
  • 電子機器用回路保護
  • 電力供給管理
  • 媒体変換
  • 1 または 2 PoE+ 出力

アプリケーションノート:パワー・オーバー・イーサネット (PoE) を拡張するハイブリッド光ファイバーシステム

電源供給型ファイバーケーブル・システムの技術的概観 アプリケーションノート:パワー・オーバー・イーサネット (PoE) を拡張するハイブリッド光ファイバーシステム commscope.com 2 この文書は、PoE エクステンダーと組み合わせて使うコムスコープの電源供給型ファイバーケーブル・システムの目的および機能を説明するものです。...
発行日: 2017年5月1日
地域:グローバル

アプリケーションノート:HD カメラシステム向け電源供給型ファイバーケーブル

コムスコープの電源供給型ファイバーケーブル・システムは、遠隔地のさまざまなネットワークデバイスへの給電と通信に対応する「ラックからデバイス」の総合ソリューションを提供します。
発行日: 2015年11月30日
地域:グローバル

アプリケーションノート:電源供給型ファイバーケーブル・システム Wi-Fi アクセスポイント

コムスコープの電源供給型ファイバーケーブル・システムは、遠隔地のさまざまなネットワークデバイスへの給電と通信に対応する「ラックからデバイス」の総合ソリューションを提供します。
発行日: 2015年11月1日
地域:グローバル、NAR

パンフレット:電源供給型ファイバーケーブル・システム概要

遠隔装置に電力と通信を提供するパワードファイバーケーブルシステムが通信およびセキュリティーネットワークをより確かなものに。携帯電話、ウェアラブルデバイス、そしてモノのインターネット (IoT) が氾濫していることにより、セルラーおよび Wi-Fi ネットワークに大きな負荷がかかっていることは事実です。 But accordi
発行日: 2017年5月1日
地域:グローバル

サクセスストーリー:Jade Communications, Inc. が導入した電源供給型ファイバーケーブル・システム

米南東部の大手ケーブル通信システムエンジニアリング会社である Jade Communications Inc. は、コムスコープとの協力のもと、ゴルフコースカメラプロジェクト向けにコムスコープの電源供給型ファイバーケーブル・システムを設計、実装しました。
発行日:2016年1月13日
地域: NAR

ホワイトペーパー:スモールセル、Wi-Fi、HD セキュリティカメラアクセスへ向けた積極的戦略

このホワイトペーパーでは、普段とは異なる場所に給電する際の課題の解決策として、デバイスへの給電を局所電源に頼ることなく、光ファイバーを接続するものと同一のケーブルを使う方法を提案しています。
発行日: 2016年3月23日
地域:グローバル

2017年1月30日

最先端を行く革新技術を搭載したファイバーケーブルシステム

DC パワーとファイバーベースのイーサネット接続をひとつのケーブルで実現できることをご存知ですか?コムスコープがそれを可能にしました。わが社の最先端技術のひとつ、パワーファイバーケーブルをご紹介します。このブログでは Rudy Musschebroeck がこの技術の有用性を解説しています。
2016 年 9 月 27 日

広がる可能性:MSO の課題に対処(パート 2)

Mark Alrutz のブログシリーズの第 2 弾では、FTTH の導入における課題を探り、ネットワークの成否を左右する 1 つの特徴的な問題について語ります。
2016年5月23日

イノベーションにおけるコムスコープの実績

イノベーションにはさまざまな形があります。イノベーションと言えば、一般的に、新しい技術の開発や知的財産の創造を思い浮かべるのではないでしょうか?コムスコープは、イノベーションは、お客様が抱える根本的な問題を解決するものてあるという信念を持っています。その信念のもと、さまざまな種類のイノベーションにおいてリーダシップを発揮し、数々の賞や業界団体からの評価を得ています。最高技術責任者 Morgan Kurk による本日のブログでは、コムスコープの功績についてさらに詳しくご紹介しています。
2016年1月28日

PoE デバイスへの電力供給にお困りですか?

HD カメラ、スモールセル、その他のデバイスなどのテクノロジーは、専用の電源線がなければ機能することはできません。配備によっては、電源がすぐに利用可能ではない場合もあります。本ブログでは、Ryan Chappell が、これらのデバイスに対し、遠隔地でも、必要な電力を供給する電源供給型ファイバーケーブルシステムの仕組みを説明します。