電源供給型ファイバーケーブルシステム

電源供給型ファイバーケーブル・システムは、従来の CAT ケーブルシステムの 30 倍の距離で、スピードを高め、ネットワーク機器の設置、給電、通信を簡素化します。

HD カメラ、Wi-Fi アクセスポイント、光ネットワーク端末、スモールセル、その他のネットワークアクセス機器の配備は難しい場合があり、屋外環境ではなおさらです。これらの機器の多くは、PoE 入力による電力および通信に対応していますが、距離的な制限、電力の可用性、機器の配置がネットワーク計画の進行を妨害することがあります。

こういった場合には、設置の前に、電源設備を希望の場所まで敷設する必要がありますが、この電力は一体誰が支払い、監視はどのように行うのでしょうか。この答えを得るには、電力会社やビルの所有者と何度もやりとりを繰り返さなければならず、プロセスにかかる時間や手間、コストを増やす頭の痛い問題となります。ネットワーク機器への給電と通信を行う全面的なソリューションであるコムスコープの電力供給型ファイバーケーブル・システムを使用することで、この問題を解決することができます。

電源供給型ファイバーケーブル・システム:

  • 大家や電力会社との交渉の必要を削減
  • 局部電源を排除
  • さまざまな距離の電圧/電力降下を求める DC 電気計算を排除することで、計画を大幅にスピードアップ
  • 1 つの電源で同時に最大 64 個の機器を処理
  • キャリアグレードの電気保護
  • NEC クラス II および SELV 準拠
  • カバレッジを最大化するために必要な場所に機器を設置可能


電源供給型ファイバーケーブル・システムは、ケーブル/ファイバー管理、送電管理、安全および過負荷保護、ユニバーサル電源 (PSU) に加え、ハイブリッドケーブルと PoE エクステンダーを特徴とした 2 つの主要コンポーネントで構成されています。


電力供給型光ファイバーケーブル - シンプルなケーブルフィールド アクセスを実現する単一ハイブリッド銅線/ファイバーケーブル設計

  • 従来のハイブリッドケーブルに比べ、アクセスが簡単な「イージーピール」式の設計
  • 特別なツールは必要なし - 通常のワイヤーストリッパーで光ファイバーと導体要素の両方にアクセス可能
  • 世界中どこにでもある、実績があり安価な FTTH 式のフラットケーブル・ハードウェアを使用

PoE エクステンダー - 3 段階の電気保護で給電と通信の課題を解決
  • ハイブリッドケーブル入力の終端処理
  • 耐環境密閉クロージャー - IP67
  • 電子機器用回路保護
  • 電力供給管理
  • 媒体変換
  • 1 または 2 PoE+ 出力
注目のコンテンツ