言語を選択してください

パンフレット:imVision® インフラストラクチャー管理ソフトウェア保証

アップグレードのために全額を支払うことなく最新の imVision ソフトウェアによりシステムを維持したい企業向けのメンテナンスプランです。また数多くのテクニカルリソースもご利用いただけます。
発行日: 2017年2月15日
地域:グローバル

パンフレット:imVision® 自動インフラストラクチャー管理

imVision 自動インフラストラクチャー管理 貴社のビジネスの推進に不可欠な接続に対するリアルタイムの可視性と、それを最適化する能力を提供しますcommscope.com 2 データ。貴社にとって欠かせないものです。効率の良い、制限されないデータの流れを維持するためには、情報に基づいてビジネスに不可欠な意思決定をする必要があります。
発行日: 2016年12月20日
地域:グローバル

パンフレット:imVision® システム・マネージャー - インフラストラクチャー管理ソフトウェア

imVision システム・マネージャーは、パネル、フェースプレート、ネットワーク機器、その他の IP デバイスを含む物理ストラクチャーの完全な状況把握を可能にします。
発行日: 2017年2月10日
地域:グローバル

iPatch システムの実装方法

www.commscope.com SYSTIMAX ソリューション iPatch システムの実装方法 第 2 号 2010年8 月 www.commscope.com 2 1 はじめに 3 2 一般的な情報 4 3 計画段階 5 4 設計段階 11 5 調達段階 18 6 配備段階 19 7 統合の配備段階 26 8 終了段階 27 付録 A 29 付録
発行日::2010年8月31日
地域:グローバル

SAHMRI はワールドクラスの医学研究をサポートするツールとして、コムスコープのネットワーク・インフラストラクチャー・ソリューションを選びました。

コムスコープの SYSTIMAX 360 ソリューションは、高い接続性パフォーマンスが効率的なリサーチに欠かせない大手研究機関において、セキュアなネットワークインフラを実施・維持するために利用されています。
発行日: 2017年2月1日
地域:APAC

ソリューションガイド : imVision® インフラストラクチャー管理を簡単に

imVisionTM。インフラストラクチャー管理。簡単に。 インテリジェント・インフラストラクチャー・ソリューション 詳細は commscope.com をご覧ください。管理の行き届いたネットワークを達成するには ビジョン:ビジネスの成功は、管理の行き届いたネットワークから始まります。多くの組織は、IT と業務の調整に労力を割いています。成功を収めた組織は
発行日: 2013年3月28日
地域:グローバル

1 2 前へ 次へ 
2017年7月5日

商業不動産での融合:IoT における IT および OT

オフィススペースの最適化および確保には、テクノロジーが必要不可欠な要素となる中、商業不動産市場も進化し続けています。最近開催された Realcomm/Ibconトレードショーの共通のテーマには、情報技術と操作技術の違いを取り上げたものがありました。このブログでは、このテーマについて、Realcomm のイベントで講演した Ed Solis が報告します。
2017年5月8日

モノのインターネットを解き明かす

ゲームコンソルから、携帯電話、iPad まで、モノのインターネットに関する議論が盛んです。どのデバイスも優れていますが、共有しているものがあります。それはデータです。その最新情報すべてについていけますか?コムスコープのの LeaAnn Carl が仮想デモを行います。
2016年12月22日

スマートビルのセキュリティ、安全性、安定性

建物とネットワークの設計者は、適切な計画によって安全上の最悪の事態に備えた対策を実施できます。安定したワイヤレスネットワークが’あれば、緊急サービス担当者は、危機的状況が発生した場合に効率的に業務を行えます。セキュアで安定したネットワークにより、効率化を図り、貴重なビジネス資産を保護できます。詳しくは、Philip Sorrells による本日のブログ記事と、コムスコープの電子ブック「つながる、効率的なビル」をご覧ください。
2016年12月1日

BIM と 4 つ目のユーティリティ

建築・建設業界はデジタルに向かっており、設計そして長期的な施設管理やビルの分析には、ビルディング・インフォメーション・モデル (BIM) が大きな役割を果たすようになってきます。コムスコープでは、BIM モデルにネットワーク・インフラストラクチャー情報が含まれるべきであると考えています。TC Tan が、本日のブログ記事でその理由を説明します。