言語を選択してください

パンフレット:GigaSPEED® X10D F/UTP ソリューションガイド

SYSTIMAX® GigaSPEED® X10D F/UTP シールドソリューションは、チャンネル内とチャンネル間の両方で、挿入損失やあらゆる形態のクロストークなどの主要パラメーターにおける比類無きパフォーマンスを提供し、帯域幅、データのスループット、ネットワーク効率を向上します。
発行日: 2016年12月15日
地域:グローバル

欧州・中東・アフリカ向け GigaSPEED® X10D シールド (F/UTP, S/FTP) ソリューション

SYSTIMAX® GigaSPEED® X10D シールドソリューションは、チャンネル内とチャンネル間の両方で、挿入損失やあらゆる形態のクロストークなどの主要パラメーターにおける比類無きパフォーマンスを提供し、帯域幅、データのスループット、ネットワーク効率を向上します。
発行日: 2016年12月15日
地域:EMEA

注文ガイド:小径パッチコード注文・設計ガイドライン

コムスコープはテストを行い、様々なチャネル設定での MiNo6の特性を明らかにしました。注文と設計のガイドラインをご覧ください。
発行日: 2016年12月2日
地域:グローバル

注文ガイド:SYSTIMAX Solutions® アジア太平洋地

アジア太平洋地域で販売中の SYSTIMAX ソリューション関連製品注文ガイド
発行日: 2015年9月8日
地域:APAC

2017年1月5日

コムスコープのイノベーション・トップ 10:構内配線システム

構内配線といえばコムスコープです。このイノベーション(すなわち SYSTIMAX)は、エンタープライズ業界全体を発展させた重大なイノベーションでした。イノベーション・トップ 10 のひとつであるこのイノベーションについて詳しくは、Gary Irwin のブログをご覧ください。
2016年1月12日

インド市場における2016年の LAN ケーブル配線システムの傾向

インドの市場が、LAN ケーブル配線システムの世界市場トップ 5 のひとつであることをご存知でしたか?今現在、インドの市場は統合の段階に突入しています。このブログでは、Alamuri Sitaramaiah が、明確な市場細分化につながる価格の固定を促進する傾向について説明します。
2015年12月31日

2015年を振り返って:オフィス向けのカテゴリー 5e ケーブル配線が旧式に

本日のブログでもまた、2015年最もシェアされた当社のブログ記事の中の 1 つを振り返ります。ここでは、Matias Peluffo と Allan Nielsen が、オフィスビルのケーブル配線に訪れている大きな変化について説明しています。世界中のオフィスの多くで使用されている 5e ケーブル配線が、ISO / IECケーブルの標準化団体による最近の決定を受け、新しい設置には使用されなくなります。