言語を選択してください

パンフレット:GigaSPEED® X10D F/UTP ソリューションガイド

SYSTIMAX® GigaSPEED® X10D F/UTP シールドソリューションは、チャンネル内とチャンネル間の両方で、挿入損失やあらゆる形態のクロストークなどの主要パラメーターにおける比類無きパフォーマンスを提供し、帯域幅、データのスループット、ネットワーク効率を向上します。
発行日: 2016年12月15日
地域:グローバル

パンフレット:GigaSPEED® X10D U/UTP ソリューションガイド

SYSTIMAX® GigaSPEED® X10D ソリューションは、挿入損失やあらゆるタイプ(チャンネル内、チャンネル間)のクロストークなど、主要なパラメータに対してかつてないほど優れたパフォーマンスを提供します。さらに、より大きな帯域幅、データスループット、そしてネットワーク効率を実現します。
発行日: 2017年7月21日
地域:グローバル

パンフレット:GigaSPEED® XL ソリューションガイド

SYSTIMAX GigaSPEED XL ソリューション カテゴリー 6 の標準を上回るカテゴリー 6 ソリューションcommscope.com 2 GigaSPEED XL:パフォーマンス、柔軟性、アップタイムの向上 比類なきカテゴリー 6 ソリューション 拡大するネットワークには、効率的に進化できる柔軟な物理層が必要です。そこで GigaSPEED XL
発行日: 2017年7月21日
地域:グローバル

パンフレット:Uniprise 北アメリカ地域 注文ガイド

Uniprise 注文ガイドには、カテゴリー 6A とカテゴリー 6 の構内ケーブルおよび装置、ならびにファイバーケーブルと装置に関する情報が含まれています。これらの製品は北アメリカ地域で販売されているものです。
発行日: 2017年7月18日
地域: NAR

銅ケーブル・カラーチャート

銅ケーブル・カラーチャート
発行日: 2016年9月16日
地域:グローバル

「 Uniprise ソリューション F/UTP ケーブリングシステム 」のための接地、ボンディングガイドライン

www.commscope.com Uniprise ソリューション F/UTP 配線システム向け Uniprise ソリューションアーシング(接地)およびボンディングガイドライン 2012年1月 www.commscope.com 2 コンテンツ コンテンツ 1.0 導入 3 2.0 アーシングおよびボンディング 3 3.0 Uniprise ソリューション F/UTP 配線システムのアーシング 5 4.0 設備キャビネット / ラックのアーシング 9
発行日:2012年1月18日
地域:グローバル

1 2 3 戻る 次へ 
2017年8月7日

新しい敷設にカテゴリー 6a ケーブルを使用する理由

ゲストブロガーの George Zimmerman 氏は、過去 22 年間にわたり、古いツイストペアケーブルを再利用する方法を開発してきました。しかし同氏は今、新しい敷設にはカテゴリー 6a の使用を推奨しています。このブログでは、その理由と同氏のホワイトペーパーへのリンクをご覧いただけます。
2017年3月6日

遅延に要注意

昔、海外に電話をする際、つながるまでに随分、時間がかかったのを覚えていますか?今や、同じ部屋で電話をかけているように簡単になりました!それが遅延の問題です。このビデオブログ投稿で、Joseph Coffey が光速に関連して解説しています。
2017年1月5日

コムスコープのイノベーション・トップ 10:構内配線システム

構内配線といえばコムスコープです。このイノベーション(すなわち SYSTIMAX)は、エンタープライズ業界全体を発展させた重大なイノベーションでした。イノベーション・トップ 10 のひとつであるこのイノベーションについて詳しくは、Gary Irwin のブログをご覧ください。
2016年12月19日

コムスコープのイノベション・トップ 10:カテゴリー 6 およびカテゴリー 6A ケーブルとコネクター

本日のブログ記事では、引き続き、コムスコープやコムスコープが買収した企業によるイノベーション・トップ 10 から、カテゴリー 6 およびカテゴリー 6A ケーブルとコネクターをご紹介します。このイノベーションには、ツイストペア銅ケーブル(後に Cat6 および Cat6A として標準化される)と関連コネクターのほか、マルチステージ補償技術とクロストーク問題を軽減するスプリットペア・リードフレーム・ワイヤー・クロスオーバー設計も含まれます。詳しくは Luc Adriaenssens のブログをご覧ください。