言語を選択してください

新しいデイトナ・インターナショナル・スピードウェイをコムスコープがパワーアップ

コムスコープは、ほぼすべての通信と施設管理機能を接続しサポートする総合的なネットワーク・インフラストラクチャ・ソリューションをスタジアムに展開しました。
発行日: 2016年2月15日
地域:グローバル

GigaSPEED® X10D F/UTP および S/FTP ケーブルシステムアーシング(接地)および結合体のガイドライン

www.commscope.com SYSTIMAX ソリューション GigaSPEED X10D F/UTPとS/FTP 配線システム、アーシング(接地) およびボンディングのガイドライン、2011年4月28日付け、 www.commscope.com 2 1、SYSTIMAX GigaSPEED X10D F/UTPとS/FTP配線システムの顧客先におけるアーシング(接地)およびボンディングのガイドライン
発行日: 2011年7月19日
地域:グローバル

GigaSPEED® X10D 高密度シールド設計および設置ガイドライン

10GBASE-T を最大 100 メートルまでサポートできる SYSTIMAX 配線システムの設計および設置についてのガイドラインです。  
発行日: 2011年4月4日
地域:グローバル

SAHMRI はワールドクラスの医学研究をサポートするツールとして、コムスコープのネットワーク・インフラストラクチャー・ソリューションを選びました。

コムスコープの SYSTIMAX 360 ソリューションは、高い接続性パフォーマンスが効率的なリサーチに欠かせない大手研究機関において、セキュアなネットワークインフラを実施・維持するために利用されています。
発行日: 2017年2月1日
地域:APAC

SYSTIMAX® カテゴリー 5 屋外施設アプリケーションガイド

www.commscope.com SYSTIMAX ソリューション カテゴリ 5 屋外施設アプリケ―ションガイド www.commscope.com 2 設計オプション 3 敷設ケーブルブロックの詳細 4、5 取付け SYSTIMAX プロテクター 6 取付け追加プロテクター 6 承認済みグラウンドへのボンディング 7 終端処理 OSP ケーブル 8 終端処理装置ケーブル 9 設置カバー 10
発行日: 2007年6月1日
地域:グローバル

SYSTIMAX® カテゴリー 6 屋外施設 設計、設営 ガイドライン

SYSTIMAX カテゴリー6 OSP ソリューションは、ビルの通常の保護範囲外の場所にチャネルが必要な場合に活用できます。主な用途として、隣接ビル、駐車場ターミナル、守衛所、屋外ワイヤレス・アクセスポイントがあります。
発行日: 2007年6月1日
地域:グローバル

2017年1月5日

コムスコープのイノベーション・トップ 10:構内配線システム

構内配線といえばコムスコープです。このイノベーション(すなわち SYSTIMAX)は、エンタープライズ業界全体を発展させた重大なイノベーションでした。イノベーション・トップ 10 のひとつであるこのイノベーションについて詳しくは、Gary Irwin のブログをご覧ください。
2016年12月19日

コムスコープのイノベション・トップ 10:カテゴリー 6 およびカテゴリー 6A ケーブルとコネクター

本日のブログ記事では、引き続き、コムスコープやコムスコープが買収した企業によるイノベーション・トップ 10 から、カテゴリー 6 およびカテゴリー 6A ケーブルとコネクターをご紹介します。このイノベーションには、ツイストペア銅ケーブル(後に Cat6 および Cat6A として標準化される)と関連コネクターのほか、マルチステージ補償技術とクロストーク問題を軽減するスプリットペア・リードフレーム・ワイヤー・クロスオーバー設計も含まれます。詳しくは Luc Adriaenssens のブログをご覧ください。
2016年5月27日

自動インフラストラクチャー管理の需要を促進するトレンドや規格

IoT は、予期されるデバイス数やデータトラフィックに対処するための計画を行う組織にとって、不安を掻き立てる単語となっています。これらの計画にはケーブル配線インフラストラクチャーのサポートが含まれることになりますが、自動インフラストラクチャー管理についてはどうでしょうか?Dave Tanis が AIM システムの必要性について指摘し、先見性を持って AIM システムの実装を行ったお客様である NG Bailey のビデオをご紹介します。
2015年12月31日

2015年を振り返って:オフィス向けのカテゴリー 5e ケーブル配線が旧式に

本日のブログでもまた、2015年最もシェアされた当社のブログ記事の中の 1 つを振り返ります。ここでは、Matias Peluffo と Allan Nielsen が、オフィスビルのケーブル配線に訪れている大きな変化について説明しています。世界中のオフィスの多くで使用されている 5e ケーブル配線が、ISO / IECケーブルの標準化団体による最近の決定を受け、新しい設置には使用されなくなります。