言語を選択してください

ワイヤレス同軸ケーブルコネクタ

コムスコープは、優れた RF 伝送パフォーマンを確保し、高い機械的信頼性を提供する同軸コネクターおよびコンポーネントを提供しています。当社のコネクターは低い相互変調歪み (IMD) と電圧定在波比 (VSWR) を提供し、最も過酷な環境においてもシステムの整合性を維持します。当社のコンポーネントはワイヤレスおよび漏洩、エア、ならびに導波管ケーブルに利用可能です。言うまでもないことですが、当社では、縄目ケーブルに最適な高速で信頼性高く防水加工されたCNT® コネクタとアダブタも提供しています。

  • 高度な技術
  • 高いパフォーマンス
  • 迅速かつ簡単な配備のための合理化された設備
  • 確かな品質

ブロードキャスターの注文ガイド

600 MHz から移行している米国の放送局にとって、コムスコープの HELIAX® ポートフォリオは屋外 RF 配線ニーズに対するトップソリューションです。
発行日: 2017年6月6日
地域:グローバル

パンフレット:編組ケーブルおよびコネクタソリューション

コムスコープの編組ケーブルおよびコネクタ製品に関する詳細。当社の CNT ソリューションは、優れた柔軟性と低減衰、高品質の RF 信号を実現するものです。
発行日: 2017年2月14日
地域:グローバル

パンフレット:CNT 編組ケーブルおよびコネクタのソリューション

CNT 50 オーム編組ケーブルとコネクタのソリューションは、業界標準の PIM 等級を備え、屋内、屋外、直接埋設、耐火、プレナム用途向けの幅広いサイズを提供します。
発行日: 2016年12月15日
地域:グローバル

パンフレット:HELIAX 規格品選択ガイド 2017

コムスコープの HELIAX 製品ラインでは、さまざまな条件下でテストされた PIM ジャンパーから 4.3-10 コネクタ、そしてケーブルアセンブリ、ツール、コネクタ、ブレードキットなど、あらゆる製品を提供しています。
発行日: 2017年4月12日
地域:グローバル

パンフレット:HELIAX® ツールおよびコネクターマトリックス

コムスコープの HELIAX ツールとコネクタマトリックスはワイヤレスケーブルとコネクタの設置の準備に役立つツールに関するガイドです。
発行日:2017年1月11日
地域:グローバル

HELIAX 4.3-10 ツールとコネクタマトリックス

コムスコープの HELIAX 4.3-10 ツールとコネクタマトリックスはワイヤレスケーブルと 4.3-10 コネクタ設置の準備に必要なツールに関する役立つガイドです。
発行日:2017年1月19日
地域:グローバル

2017年5月4日

米国のワイヤレス業界がどのようにして 500万ドル削減できたか

米国のワイヤレス業界では、ある金属の小片を利用することにより、最大500万ドルを削減することができました。その金属とは、コムスコープの新しい SnapStak Plus ハンガーです。設置作業の全行程にかかる時間を短縮できたことで、かなりのコスト削減につながりました。Chris Stockman によるビデオブログでは、簡単に使用できる当製品についてご紹介します。
2016年8月11日

コンパクトなフットプリント、大きな利点:4.3-10 コネクタ

モバイル業界は、既存のコネクタの種類に取って代わるものとして、4.3-10 として一般に知られる新しい RF コネクタを標準化しました。4.3-10 コネクタは、パフォーマンスの問題を防ぎ、フィーダー、アンテナ、フィルター、塔頂アンプの設置の複雑さを取り除くために開発されています。本日のブログ記事では、Pedro Torres がこれらのコネクタについて詳しく説明し、新しいホワイトペーパーをご紹介します。
2015年12月14日

規格外のネットワーク製品を利用する価値はありますか?

低品質なケーブルアクセサリや構成要素は、ワイヤレスネットワークのパフォーマンスや信頼性を損ねる恐れがあります。より安価かもしれませんが、長期的に見れば信頼性も低いものです。規格外製品は結局のところ、現場でのパフォーマンス性が低く、最初には予想しなかったようなネットワークパフォーマンスの問題を引き起こす可能性があります。Jeff Epstein が本日のブログ記事で、例を交えて詳しく説明します。
2015年7月13日

LTE セル・サイトの敷設

パッシブ・インターモジュレーション (PIM) と呼ばれるパフォーマンスを損なうインターフェースの原因となるのが不適切な設置です。それは、コムスコープのサイトソリューション・サービスチームが何年も既存の LTE 施設のサイトオーディットを行って発見したことです。設置の不備は PIM を引き起こす要因となる不適当な接続に関連していることが多いです。詳細は、Mike Fabbri の今日のブログと LTE ベストプラクティス電子ブックのリンクで閲覧してください。