言語を選択してください

同軸増幅器およびコンポーネント

信号を強化、ノイズやひずみは排除して

単一構造体内の複数ロケーションでクリアな信号を配信するためには、コムスコープの加入者増幅器およびコンポーネントをご利用ください。超低ノイズ信号増幅により優れた性能と安定性が実現します。

さらに効率よく熱を放散するためにアルミのハウジングで製造されたコムスコープの革新的な AMPS は、平らな真ちゅうの「F」ポートと四辺形中心導体コンタクトを採択することにより、最もクリーンな接続と最大限に強い信号を実現します。

  • SCTE 要件に合致もしくはそれを凌駕
  • 超低ノイズ信号増幅により優れた性能と安定性が実現
  • 多様なハウジングのオプション (全ポートダウンなど)
  • 生命線パッシブ VoIP 設計
  • MoCA との互換性のある設計
  • NTSC と PAL のミッドスプリット
  • 革新的なポジティブティルトにより高周波における高減衰を相殺
  • 6 kV サージ保護

増幅器設置ガイド

RF 接続増幅器設置ガイド
発行日: 2012年7月1日
地域:グローバル

アプリケーションノート:パッシブ VoIP 増幅器

コムスコープのパッシブ VoIP 増幅器は、停電時に音声サービスに対する問題を引き起こす標準的なドロップ増幅器に代わることができます。
発行日: 2017年2月13日
地域:グローバル

MoCA VoIP 増幅器

MoCA(同軸ケーブル・マルチメディア協会)と VoIP(ボイス・オーバー・インターネット・プロトコル)と相性の良いネットワーク・コンポ―ネントへの需要は増加の一途をたどっています。コムスコープは MoCA Voip 増幅器を導入しているマルチメディア顧客のニーズに見合う製品を提供し続けるため、 RF 接続業務を最適化し続けています。
発行日:2011年10月1日
地域:グローバル

2017年4月26日

MoCA:コーヒー、それともケーブル?

MoCA はファンシーなチョコレートコーヒーではありません。ネットワーキングプロトコルを開発する素晴らしい組織です。コムスコープの Mark Alrutz が MoCA、そして 同軸ケーブルネットワークで注目すべき 3 つのことを紹介します。
2015年10月7日

新しいコムスコープで臨む SCTE

ブロードバンド事業者もマルチシステム事業者も、ネットワークの質を維持しながら、どのようにお客様の需要に応えていくかという同じ課題を抱えています。事業者は、より多くの技術革新で、あらゆるネットワークの課題を解決するためのグローバルなソリューションとスケールを提供できるパートナーからのソリューションを必要としています。そのようなソリューションを提供するうえで、先般の TE Connectivity からのブロードバンドネットワークソリューション事業の買収で、コムスコープの立場がより有利になりました。今回の SCTE Cable-Tec Expo でも展示される内容を Joseph Depa が解説します。
2015年6月19日

コムスコープの定義:MoCA テクノロジーとは?

MoCA テクノロジーとは何か、ご存知ですか?新しい「コムスコープの定義」ブログシリーズの一部として、Mark Vogel が、MoCA の内容、導入方法、このテクノロジーからオペレーターがメリットを受けられる理由を説明します。
2015年1月6日

2015年に向けたケーブルテレビとブロードバンドの強化

2015年、事業者ごとのネットワークの進化の度合いは差が開く一方です。ブロードバンド、ケーブル事業者にネットワークの進化を必要とさせ続けている重要な要因について Ric Johnsen が概要を説明します。