光ファイバー

ファイバー通信の基準設定

光ファイバーの世界的リーダー兼イノベータとして、コムスコープは、最も要求の厳しいネットワーク向け高性能ファイバー接続性の開発および生産において最先端で有り続けます。コムスコープの光ファイバーシステムが、最高基準を満足し、上回ることが一般的であるのは、これが業界標準も設定しているからです。主要な構成要素の一つが、光ファイバー自体です。

コムスコープのシングルモード・ソリューションを例に上げると、TeraSPEED® と LightScope® ゼロ・ウォーター・ピーク・シングルモード光ファイバー・ケーブルは、従来型のシングルモード・ファイバーに比べ有効波長が 30 パーセント以上あり、ユーザーは 1280 nm から1625 nm に及ぶ波長帯全域で運用ができます。これらのソリューションは、屈曲性能向上の G.657.A1 規格に準拠するようにさらに機能強化されています。

広範囲のレガシー光ファイバー技術に導かれ、コムスコープはレーザー最適化マルチモード光ファイバー・ソリューションを製作する初の企業となりました。OM3 及び OM4 ケーブル配線基準を設定した後、コムスコープの LazrSPEED® OM5 ワイドバンド・マルチモード・ファイバー (WBMMF) が業界初の OM5 構内配線システムになりました。

 

  • TeraSPEED ゼロ・ウォーター・ピーク・シングルモード (ZWP-SM) ファイバーは、低ウォーター・ピーク・シングルモード・ファイバーのITU-T G.652.D 規格、ならびに、屈曲性能向上のTU-T G.657.A1 規格、またはそれ以上に準拠します。
  • LightScope ZWP は、リターン・パス、ビデオサービス強化版、あるいはビジネス用の専用波長サービスに利用できる全波長域ファイバーを提供します。 また、既存のシングルモード・レガシー光ファイバー・プラントとの完全な下位互換性があり、 G.652.D 及び G.657.A1 規格に準拠します。
  • LazrSPEED 300 は、OM3 業界標準を上回っており、データセンターやエンタープライズ構内のバックボーンに幅広く導入され続けています。
  • LazrSPEED 550は、業界初のOM4 ファイバーとなり、 データセンターやエンタープライズ構内のバックボーンに幅広く導入され続けています。
  • LazrSPEED OM5 ワイドバンドは業界初の OM5 構内配線システムであり、これによって 40G 及び 100G SWDM アプリケーションの距離を延長できます。 2016 年に正式に標準化され、全二重伝送を維持しながら高帯域を必要とするデータセンターやエンタープライズ構内向けの理想的ソリューションになっています。

 

 

注目のコンテンツ