言語を選択してください

空配管

空配管 全製品は下記よりご覧ください:

空配管

自然的要因と機械的な損傷からの耐久性の高い保護

ケーブルを地中に敷設する場合、コムスコープのコンジットをお選びいただくと、ケーブルを水分、化学物質、岩混じりの土から保護するのみならず、後々新しいケーブルを敷設したりケーブルを交換する際の作業が容易になります。

耐久性に優れた高密度ポリエチレン (HDPE) 製の ConQuest®コンジットには、埋設したトーンワイヤ、平滑なウォール、波状形態など、数々のオプションがあります。

  • 亀裂や衝撃に対する優れた抵抗力
  • 地上ライザーには徹底した UV 保護
  • PVC スティック型パイプに比べて低い摩擦係数
  • 長さを継続的に延長できるため迅速な設置

アプリケーションノート:ConQuest トーナブルコンジットカプリング

トーンワイヤを適切に分離させたり、適正な場所でコンジットを切断する場合、ConQuest トーナブルアプリケ―ションノートがトーナブルコンジット設置全段階にわたりユーザー向け手引きとなります。
発行日: 2016年11月15日
地域:グローバル

ConQuest® コンジット施工マニュアル

コムスコープの ConQuest のコンジット使用および施工マニュアルでは、ブロードバンド利用事例で使用されるさまざまなタイプのコンジットの概要について説明しています。マニュアルでは、配送の取り扱いや受け取り、設置方法、ケーブルのコンジットへの引き込み、空中設置などについて確認しています。
発行日: 2017年2月13日
地域:グローバル

2015年10月7日

新しいコムスコープで臨む SCTE

ブロードバンド事業者もマルチシステム事業者も、ネットワークの質を維持しながら、どのようにお客様の需要に応えていくかという同じ課題を抱えています。事業者は、より多くの技術革新で、あらゆるネットワークの課題を解決するためのグローバルなソリューションとスケールを提供できるパートナーからのソリューションを必要としています。そのようなソリューションを提供するうえで、先般の TE Connectivity からのブロードバンドネットワークソリューション事業の買収で、コムスコープの立場がより有利になりました。今回の SCTE Cable-Tec Expo でも展示される内容を Joseph Depa が解説します。
2015年1月6日

2015年に向けたケーブルテレビとブロードバンドの強化

2015年、事業者ごとのネットワークの進化の度合いは差が開く一方です。ブロードバンド、ケーブル事業者にネットワークの進化を必要とさせ続けている重要な要因について Ric Johnsen が概要を説明します。
2014年12月11日

ファイバーからあらゆる場所へ

北米マーケットは、屋外施設のマイクロダクトやマイクロケーブルを利用して、拡張可能な方法で帯域幅機能を拡張できるところまで成長しました。ネットワークオペレータが、ネットワーク上のデータへの需要が増え続ける一方で、その対応とコストの間でどのようにバランスをとったらいいのか、Chris Gemme が解説しています。
2014年10月29日

ホーム接続:現在の同軸、未来のファイバー

事業者は、ビデオサービスとモバイル端末からのアクセスに端を発するデータ需要に常に対応し続けなければなりません。HFC プラットフォームから集中型光プラットフォームへのネットワーク進化は事業者によって様々な形態をとっていますが、同軸とファイバー展開を行なう時期を選択できる柔軟性について考慮する必要があります。このブログで、James Donovan はインフラストラクチャー・アカデミーの生徒がドロップ同軸配線のコア・コンピテンシーを習得する様子を説明しています。