言語を選択してください

DC 電源ユニット

業界初のインテリジェントなプラグ・アンド・プレイ型電源装置を貴社アンテナにご利用ください。

コムスコープは、セルタワーの基地から遠隔無線ユニット (RRU) までタワートップ(もしくはDAS、メトロセル、CRAN ネットワーク)で送電する、包括的かつ費用効果の高い方法を提供します。当社の PowerShift® モジュールとラックのプラグ・アンド・プレイ式簡潔性により、配線インフラをアップグレードすることなしに、インテリジェントな DC 電源装置を配備することができます。

PowerShift ラックとモジュールにより、サイトを重層なゲージパワーケーブルで改造することなく、RRU アップグレードのために必要な DC 電源を供給することができます(これにより時間、コスト、タワーの有料荷重を削減することができます。) PowerShift で電池のバックアップ時間も延長できます。

 

  • 新しい、あるいは改造タワーに向けた簡単な設置
  • DAS システムへの集中化された電源供給
  • 設備投資の削減
  • 電池のバックアップ時間の延長

パンフレット:PowerShift で取り戻すパワー

コムスコープによる業界初のプラグアンドプレイの DC 電源ユニット、PowerShift についてご紹介します。
発行日: 2017年3月7日
地域:グローバル

ホワイトペーパー:マクロセルサイトでの散逸による DC 電力損失を食い止める

LTE 時代において遠隔無線ユニット (RRU) の電力需要が高まり、しかも 5G の到来によってさらに需要が高まり続けることが予測されるいま、電力効率を改善し、ワイヤレスセルサイトでのワット損を最小限にする方策を見つけることが喫緊の課題となっています。
発行日: 2017年2月16日
地域:グローバル

2015年10月22日

ワイヤレス業界に導入された PowerShift

コムスコープはこの度、PowerShift と呼ばれるワイヤレスセル基地局向けの新しい電源供給ソリューション発表しました。PowerShift の特徴的な利点のひとつは、RF 電池バックアップシステムのアップタイムを向上できることにあります。コムスコープでは、PowerShift が、RF 電池のアップタイムを最大 35 パーセントまで拡大することができるであろうと推定しています。本日のブログ記事では、John Chamberlain がこの性能に関してさらに詳しく説明いたします。