言語を選択してください

マイクロ波システム向け加圧ソリューション

コムスコープは、湿気による腐食を最小限に抑え、電圧破壊(アーク放電)を除去する最先端のマイクロ波システム向け加圧ソリューションシステムを提供しています。

同軸ケーブルに乾いた空気の陽圧を加えることで、パフォーマンスに影響を与える湿気を低減し、アンテナ機器のパフォーマンスを最適化します。さらに、送電線をドライに保つことで、維持費を抑え、停電の発生を低減します。

ブロードキャスターの注文ガイド

600 MHz から移行している米国の放送局にとって、コムスコープの HELIAX® ポートフォリオは屋外 RF 配線ニーズに対するトップソリューションです。
発行日: 2017年6月6日
地域:グローバル

パンフレット:コムスコープ DryLine® 脱水機ソリューション

今日における RF 技術はかつてないほど、信号障害、とりわけ水分に起因するものに左右されやすくなっています。詳細をご確認ください。
発行日::2016年8月15日
地域:グローバル

パンフレット:DryLine Sahara 自動メンブレン・デハイドレーター

Dryline Sahara は効率性の高い運用のための高容量乾燥技術を指します。テレビおよびラジオ放送局向けに設計された、最新のデハイドレーターです。
発行日: 2017年2月10日
地域:グローバル

2015 年 9 月 16 日

干渉を軽減してバックホールキャパシティを増強

モバイルバックホールは、ワイヤレスネットワークの重要なコンポーネントであり、3G から 4G、そして 5G へと移行するうえで無視できない要素です。実際に、バックホールは現在、事業者によるもっとも大きな投資対象のひとつとなっています。モバイル事業者は、画期的なマイクロ波アンテナ技術を利用することにより、バックホールにおける重要業績評価指標 (KPI) を達成することが可能になります。詳細については、Donald Gardner による今日のブログ記事をご覧ください。
2015年7月13日

LTE セル・サイトの敷設

パッシブ・インターモジュレーション (PIM) と呼ばれるパフォーマンスを損なうインターフェースの原因となるのが不適切な設置です。それは、コムスコープのサイトソリューション・サービスチームが何年も既存の LTE 施設のサイトオーディットを行って発見したことです。設置の不備は PIM を引き起こす要因となる不適当な接続に関連していることが多いです。詳細は、Mike Fabbri の今日のブログと LTE ベストプラクティス電子ブックのリンクで閲覧してください。
2014年5月22日

マイクロ波システムの基本 : 偏波

オンラインコース、マイクロ波無線アンテナリンクの基礎より、Derren Oliver がマイクロ波アンテナ偏光に関する低密度コンテンツを概観します。コムスコープ・インフラストラクチャー・アカデミーの一部、フルオンラインコースを終了すると、3 年間有効の認定が受けられます。