言語を選択してください

ビル内アンテナと機器

アクセスの多いエリアで局所的にカバレッジを追加するためには、ワイヤレスカバレッジを拡張するコムスコープのビル内分散アンテナシステム (DAS : Distributed Antenna Systems)、実装ハードウェアおよびアクセサリのシリーズをご利用ください。簡単な設置と最小限の景観影響を配慮して設計された当社のビル内および屋外アンテナは、幅広い周波数域に対応したマルチバンド設計を備えています。

当社の DAS アンテナは、高層オフィスビルなど、カバーが困難なエリアにおいても、駐車ガレージ、スタジアム、空港やショッピングモール内と同様に効果を発揮します。MIMO スタジアムアンテナには、2 度および 5 度単位での正確な水平および垂直調整を提供するため、カチッとクリック音がするマウントを採用しています。

マルチバンド周波数域をカバーします:

  • 屋内外での使用向け
  • コンパクトな設計
  • 低パッシブ相互変調 (PIM : passive intermodulation)
  • 一貫性のあるパターンを提供

パンフレット:屋内ソリューション

コムスコープの屋内ソリューションは信頼性のあるワイヤレスカバレッジを実質的にどこへでも提供します。お客様が経験された成功事例や課題、課題解決に向け導入されたコムスコープのソリューションについて記載された冊子です。
発行日: 2016年12月15日
地域:グローバル

パンフレット:高性能パッシブデバイス

パッシブ相互変調 (PIM) との闘いにおいて、コムスコープはパッシブコンポーネントの新しい基準を発表しました。 
発行日: 2015年7月31日
地域:グローバル

パンフレット:i-POI® インテリジェント相互接続点

コムスコープの省スペース型インテリジェント相互接続点 (iPOI) で、BTS の状態および PIM をコントロール。
発行日: 2016年12月15日
地域:グローバル

パンフレット:ValuDAS™ パッシブデバイス

世界で最も効率的なワイヤレスネットワークの数々を駆動する、徹底的にテストされたパッシブ DAS コンポーネント ValuDAS™。
発行日: 2012年12月1日
地域:グローバル

CommScope が世界最高の航空ショーを技術面からサポート - 珠海 MCC

予想される帯域幅需要の急増に対応するための屋内アンテナアセンブリを提供。珠海モバイルは、プロジェクトの成功に不可欠なエンドツーエンドの屋内アンテナにコムスコープのソリューションを使用しました。
発行日: 2017年7月19日
地域:APAC

コムスコープのビル内ワイヤレスソリューションパンフレット

www.commscope.com 「コムスコープのビル内ワイヤレスソリューション 2」 www.commscope.com は今や公共の場および商業ビルにおいて個人の通信、緊急サービスともに第一の通信方法となりました。ワイヤレス普及率が 100 パーセントに達し、超え、ユーザーの
発行日: 2012年12月12日
地域:グローバル

1 2 前へ 次へ 
2016年12月14日

コムスコープのトップ 10 イノベーション:分散アンテナシステム

コムスコープは1989年の創立以来、買収や自社での開発を経て分散アンテナシステム (DAS : Distributed Antenna Systems) のリーダーのポジションに立ち続けてきました。本日のブログ記事では Matt Melester が DAS の歴史と、現在においてもモバイル事業者が求める密度と高キャパシティを叶える主要ツールである理由を解説しています。
2016年11月21日

エコー除去ノードリピーター-コムスコープのトップ・イノベーション続編

コムスコープの 40 周年記念のお祝いの一環として、コムスコープ・チームは、コムスコープやコムスコープが買収した企業による過去 40 年間にわたるイノベーションのトップ 40 を選抜しています。コムスコープによるイノベーションのトップ 20 にランクインしたノードリピーターは、エコー除去機能付きのデジタル・オン周波数技術を使用した初のセルサイト中継器でした。これにより、基地局ベースのセルサイトを新しく追加するためにかかるコストの 10 分の 1 のコストで、カバレッジを拡大することが可能になりました。詳しくは、Thomas Kummetz による本日のブログ記事をご覧ください。
2016年11月10日

コムスコープの定義:ファイバーネットワークコンバージェンスとは?

これは、私たちがよく耳にする言葉であり、私たちの使命の大部分の基盤となっているものでもあります。ファイバーネットワークコンバージェンス。それは何なのか、どう機能するのか。Wes Oxlee が本日の「コムスコープの定義」シリーズにて説明します。
2016年11月2日

次の公共設備としてのワイヤレス接続

コネクティビティを多用するユーザーにとってワイヤレス接続は必要不可欠なものとなっていますが、全ワイヤレストラフィックの 80 パーセント以上が屋内を始点または終点としています。このブログでは、いかに多くの人が、どんな建物でもいつでも使いたい時にデバイスが機能することを期待しているのかについて Sean Kerr が説明します。