言語を選択してください

リモート電子チルト(RET)機器

リアルタイムなネットワーク最適化で、オンサイト作業を減らし時間と費用を節約

可変電子式ダウンチルトの創始者として、コムスコープは他の誰よりもリモート電子式ダウンチルト(RET)を知っています。そのため、アクチュエーター、コントローラー、グラウンディングキット、バイアスティ、コントロールケーブル、ジャンクションボックスなど、コムスコープは最も包括的な一連の RET アクセサリ製品を提供することができます。当社の革新的なTeletilt® RET システムコンポーネントの完全なポートフォリオは、AISG 1.1 および 2.0 をサポートしています。

当社のTeletilt RET を使うことで、事業者のビームを、より厳格なRF封じ込め、精密なパターン制御、インターモジュレーション防止、リアルタイムな柔軟性により最適化することができます。当社の特許取得済みRETシステムは、タワーに登るなど費用のかかるオンサイト作業、ネットワークのダウンタイムなしで、オフィスからアンテナの調整をすることを可能にします。どのような天候であろうとも、ほんの数分でネットワークの最適化を行うことができるため、より良い通話品質を提供し、高い顧客満足度を得ることができます。

  • トラフィックの変化に、すばやく対応
  • 機械式チルトに比較して、高いチルトの可用性
  • 正確なメカニカルコントロールによりヒューマンエラーを低減
  • 特別な人材や機材が不要
  • 孤立していたり、アクセス困難なサイトに最適

パンフレット:リモート電子式ダウンチルトシステム

ビームの傾斜を精密に制御・維持することで干渉を低減し、提供する LTE サービスの容量と通話品質を最適化することができます。このパンフレットでは、コムスコープのリモート電子式ダウンチルトシステムの詳細をご紹介しています。
発行日: 2016年4月11日
地域:グローバル

技術資料:RET アクチュエーターと OEM ベースステーション組み込みコントローラーの利用

コムスコープ の RET アクチュエーターは、多くの OEM コントローラーで制御できます。OEM コントローラーによるアクチュエーターの使用法については、こちらの概要をご覧ください。
発行日:2017年1月25日
地域:グローバル

2017年7月23日

容量拡張に向けたネットワーク最適化:計画ガイド

高密度化。効率。スペクトラム。ワイヤレスネットワークの容量を拡大するために探るべき 3 つの領域です。Mohamed Hamdy 博士によるこのブログでは、関連する計画ガイドと詳しい分析をご紹介しています。
2016年12月7日

コムスコープのイノベーション・トップ 10:基地局アンテナ・ビームチルティング

本日のブログ記事では、コムスコープやコムスコープが買収した企業によるイノベーション・トップ 10 から、基地局アンテナ・ビームチルティングをご紹介します。このイノベーションにより、ワイヤレスネットワーク事業者は、カバレッジ領域とネットワークパフォーマンスを向上させることができました。アンテナパターンを調整・最適化・制御できることが、パフォーマンスの優れたワイヤレスネットワークを利用者に提供するうえで重要なツールであると、ブログの執筆者である Lou Meyer は語っています。
2016年10月14日

コムスコープの定義:内部スマートバイアスティーとは?

リモート電子チルト(RET)は、電波塔に登ったり、アンテナを物理的に動かしたりすることなく、遠隔からのネットワークの調節を可能にするユニークな基地局アンテナ機能です。スマートバイアスティーは RET システムの一部であり、アンテナに直接組み込むという革新的な方法で実装することができます。本日のブログ記事では、Rob Cameron がその技術的な詳細を説明します。
2016年6月24日

アンテナの共有はコントロールの放棄ではない

ネットワーク共有の実践は、ワイヤレス業界におけて常に関心の多い話題となっています。ネットワーク事業者は現在、LTE や LTE-Advanced を含む 4G サービスへの移行するためのコスト効率に優れた方法を模索しています。コムスコープでは、この課題に対し、新しいホワイトペーパー「アンテナの共有はコントロールの放棄ではない」を提供しています。詳細やホワイトペーパーのダウンロードについては、Mohamed Nadder Hamdy による本日のブログ記事をご覧ください。