言語を選択してください

基地局アンテナと機器

世界を繋ぐ革新的なテクノロジー

コムスコープの信頼性の高いソリューションは、総所有コストを削減しながら、優れたRF性能、制御、信頼性を提供します。

基地局アンテナシステムとアクセサリ製品は、リモート・アンテナ・チルト・マネジメントおよび、MIMO やデジタルビームフォーミングなどの新しいアプリケーション用に設計されたアンテナはじめ、あらゆる課題解決に役立つ質の高いソリューションを提供します。

コムスコープの基地局アンテナは、いかなる環境下でも、現場で問題なく機能するよう、VSWR および IM 用の無響室で 100 パーセント製品テストされています。すべての偏波共用アンテナは分離度についてもテストされています。これらのテスト結果は、 WebTrak® 認定レポーティングシステムで見ることができます。

  • 過密な都市部での施設取得は、メトロセルの小さな アンテナで問題解決できます。
  • 3つのツインビームアンテナで 6セクターの性能 を達成
  • マルチビーム アンテナで高トラフィック地域のキャパシティを増大
  • ウルトラワイドバンドアンテナでネットワークコンバージェンスを簡素化。新しい 600 と 1400 MHz スペクトラムのリリース向けの設計を含むほぼすべての周波数帯のすべての主要無線インターフェイスに対応。

アプリケーションノート:マルチビームアンテナの計画

マルチビームアンテナを使ってネットワークの密度を高め、容量を増やす方法をご紹介します。
発行日::2015年8月31日
地域:グローバル

パンフレット:高密度化戦略を成功させるためのメトロセル・ベストプラクティス・ガイド

コムスコープのメトロセル・ベストプラクティス・ガイドでは、より小規模な屋外セル基地局へのトラフィックのオフロードを通して高密度化を成功させる戦略的な洞察をご紹介しています。詳細をご確認ください。
発行日: 2016年4月8日
地域:グローバル

パンフレット:コムスコープの RF パスソリューションで 600 MHz に向けたロールアウト

コムスコープが、600 MHz のスペクトラムのロールアウトの簡素化を適切な RF パスソリューションでお手伝いします。詳細をご確認ください。
発行日: 2017年7月26日
地域:グローバル

パンフレット:6セクターターンキーソリューション

6 セクターターンキーソリューションは、展開費用を最小限に抑えながら容量を増強し新サービスの展開を効率化することでネットワークを最適化します。今日のモバイル契約者のデータへの欲求は限りがありません。スマートフォンの溢れるワイヤレス市場では、より早いデータスループットへの要求が急上昇しています。その結果、
発行日: 2013年2月5日
地域:グローバル

電子ブック:RF パスを理解する

無線周波数通信とセルサイト設計の大まかな概要と、能動電子部品、無線伝送、信頼性理論に関するエンジニアリングレベルでの議論。  
発行日: 2012年11月26日
地域:グローバル

テックパブ:基地局アンテナモデルナンバーガイド

基地局アンテナのモデルナンバーの決定方法に関する説明。
発行日: 2017年3月9日
地域:グローバル

1 2 3 戻る 次へ 
2017年2月21日

最も狭い 1400 MHz 対応マルチバンドアンテナのご紹介

ワイヤレス業界で、新しい周波数帯域のロールアウトが進んでいます。コムスコープは、今日市場で最も狭い 1400 MHz 対応マルチバンドアンテナを含むウルトラワイドバンド・アンテナでサポートしています。Mobile World Congress 2017 に向けて公開された本日のビデオブログで Marty Zimmerman がその詳細を説明しています。
2016年12月9日

コムスコープのイノベーション・トップ 10:基地局アンテナ偏波ダイバーシティ

ワイヤレスネットワークでは、偏波ダイバーシティを採用することでオペレーターは2つではなく1つの基地局アンテナを導入することが可能になり、同時に信頼のおける通信手段に必要となる避けることのできない多様性を実現することができます。DualPol は最初の偏波ダイバーシティアンテナの商標で、会社の買収によりコムスコープの一部となりました。現在、コムスコープはモバイルネットワークアンテナ技術のリーダーです。このイノベーションの歴史について詳しく説明した Lou Meyer による本日のブログ記事の詳細。
2016年12月7日

コムスコープのイノベーション・トップ 10:基地局アンテナ・ビームチルティング

本日のブログ記事では、コムスコープやコムスコープが買収した企業によるイノベーション・トップ 10 から、基地局アンテナ・ビームチルティングをご紹介します。このイノベーションにより、ワイヤレスネットワーク事業者は、カバレッジ領域とネットワークパフォーマンスを向上させることができました。アンテナパターンを調整・最適化・制御できることが、パフォーマンスの優れたワイヤレスネットワークを利用者に提供するうえで重要なツールであると、ブログの執筆者である Lou Meyer は語っています。
2016年10月14日

コムスコープの定義:内部スマートバイアスティーとは?

リモート電子チルト(RET)は、電波塔に登ったり、アンテナを物理的に動かしたりすることなく、遠隔からのネットワークの調節を可能にするユニークな基地局アンテナ機能です。スマートバイアスティーは RET システムの一部であり、アンテナに直接組み込むという革新的な方法で実装することができます。本日のブログ記事では、Rob Cameron がその技術的な詳細を説明します。